えびす講は毎年11月19日、20日の両日挙行されます


ホーム 新着情報 由緒 えびす講 例大祭 桐生の神社 桐生の神楽 西宮総本社 リンク集

平成28年11月19(土)〜20(日)の両日にえびす講が開催されます。
(19日は夜通し開催)

【平成28年のえびす講のご案内】
ちらし【名物】
招福銘菓“桐生えびす”登場

招福銘菓“桐生えびす”【平成28年11月19・20日のえびす講交通規制について】

えびす便り2016
えびす便り2016年号

桐生西宮神社のぼり参道
桐生 えびす講
のぼり参道
秋季大祭 桐生えびす講の様子

桐生西宮神社について

桐生西宮神社 参拝 桐生西宮神社は、兵庫県西宮市のえびす宮総本社西宮本社の直系分社として、明治三十四年十一月二十日分霊勧請されました。御祭神は、蛭子大神さまで、鎮祭地社叢森厳にして、風光明媚な桐生が岡に抱かれた、美和神社の聖地に、相殿神として奉詔遷座されました。

 県内有数の古社として知られる式内社美和神社の御祭神大物主命は、別称が大国主命で、江戸時代にはイメージを習合させて、大黒さまとして、成立しました。相殿神とは、美和神社の同格主祭神であり、桐生西宮神社の秋期例祭・ゑびす講は、恵比須・大黒の二神が並祀された、他に類例ない、特別祭祀で、福徳財宝の神として、確かな御神徳が、期待されております。
各地に、ゑびす神が存在しますが、多くは、御祭神に事代主命、もしくは大国主命を祀ります。ゑびす神と称する、真の福の神・蛭子大神さまの、御分霊を斉き奉てまつる神社は、桐生西宮神社が、関東で一社です。 関東一社の称号を冠した、桐生ゑびす講は、確かな御神徳とともに、関東一の賑わいとして、定評されております。

桐生西宮神社 えびす講 しかし、福の神に期待する多くの善男善女が、御祭神の相違いや称号を意識されて、御参りされているのでしょうか。 おそらくは、桐生ゑびす講の祭礼情緒と、関東一の神賑わいに、福徳財宝の神としての、確かな御神徳を、実感されていることと思われます。 関東一社の、真の意味は、西宮本社の直系分社として、伝統を温存した祭祀と神事に加え、福の神としての御利益に、納得いただける神賑わいが、桐生流の祭礼様式に構築されております。さらには、献幤使(けんぺいし)として現在も西宮本社より、宮司や神職のご列席を仰いでの、神事の厳修は、本社直系祭儀の挙行であります。また、西宮本社で、厳粛に御祈祷なされた御神札(おふだ)と、御神影札(お姿)の直接頒布こそ、関東一社の冠をいただく自負からの踏襲にあります。

 先人が、敢あえて関東一社と称した背景は、養蚕から販売にいたる全ての織物関係従事者の、創意工夫や技術向上の奮起を、福の神・ゑびす信仰に直結させて、高級絹織物の生産性向上を直視し、織都桐生の存在誇示と、桐生人特有の、本格好みを先取りした、先人の知恵であります。

 
大きな地図で見る


著作制作:桐生西宮神社
問い合わせ:info@kiryu-ebisu.jp